FC2ブログ

2018BRM714(ナツ)ヤマネコ200 ①

対馬200kのレポートです。今回長文です笑

対馬を走ってみたい。

4年前ぐらいからAJ長崎主催で行われている200kブルべ、通称ヤマネコ200。
対馬を泊りがけで走るという飲み会もついていて魅惑的なイベントである。

博多港を深夜に出発し、フェリーで壱岐経由で対馬の玄関口、厳原に早朝到着する。そこから200k走って夜は宴会、朝はゆるゆる起きてフェリーでまた博多に帰ってくる。

毎年4月の第1週に開催されるため、私の仕事の都合上、参加できずにいた。今年はなぜか7月に開催される。だから(ナツ)ヤマネコなのだ。

「月に1回ブルべ参加しても良いよ権利」を持っているはずの私は、家族と話し合い、なんとかその権利を行使することができるようになった。おみやげは必ず買ってこなければならない。

7/13、つまりブルべ出走前日の23時には博多港第2ターミナルにいなければならない。私はその日、どこにいたか。
静岡である。
静岡に仕事関連のため7/13の15時までいなければならない。そのあと自分の仕事場にもどりある程度仕事をこなしてからさらに博多に飛ぶ…

どこをどう計算してもギリッギリである。

仕事をほっておくことは社会人として許されない。ブルべはしょせん大人の遊びである。やることやってから遊ばないと。
色々と下準備をしてから静岡出張にのぞんだ。


対馬は補給ポイントがほとんどないらしい。まさか自販機すらない箇所があったりして?
色々考えて真夏だしハイドレーションバッグ2㍑をもつことにした。氷をつめて背中を冷やすのも目的のひとつだ。

またいつもの黄色のパナモリ君ではなく、ローラー用のコラテック君で行くことにした。
軽いし。ヤマネコ標高獲得3000mぐらいになるらしいし。バッグ背負うからフロントバッグとか不要やし。雨も降らんし。

7/13。
静岡から仕事場へ飛んで(物理的には不可能だが心理的には)帰り、仕事をできるだけ誠実に行って、明日明後日は電話されてもぜったい対応できんところにいるからねと周囲に何度も話し、後輩にまかせたとおしつけ、自宅に帰ってタッチ&ゴーで駅に向かったが結局JRには間に合わず…

しかし私はあきらめなかった。この粘りを仕事でも発揮してほしい笑

いったん家に帰り、もう少しで20万キロに走行距離が達するステップワゴン君に輪行状態のコラテック君を積み、着替えとビールとつまみと明日の朝食を買い、博多港近くの安い駐車場(700m離れているが1日600円のTimesをみつけた)を探した後、高速道路に乗った。

時間は刻々と過ぎる。

駐車場についたのが22:50。
輪行状態をといて走行すれば700mなんてあっという間だが、また輪行状態にするのが手間だ。しょうがないのでえっちらおっちら輪行袋をかついで歩く。しかもSPD-SL+カバーつきなのでなかなか滑りやすい。慎重に歩かざるを得ない。

小股でちょこちょこ歩いてなんとかターミナルについたのは23時過ぎであった。AJ長崎I代表、すみません遅れました…
だけどなんとか滑り込みセーフ状態らしい。よかったよかった。

ターミナルの2階が出発場所らしく、エレベーターであがると、たくさんの人がいる。こんなにフェリー乗る人いるの?
スオーナダフェリーは4人ぐらいしかいなかったよ…
DSC_0075.jpg

輪行袋がたくさんたまっているところがあったので近づくと、いつものエイジさんとかかずまんさんとか、裏口入学のHキュン、スタッフのたいかんさんや荒尾のリーフさん、あと台湾から参加の人たち、中津のmetaさんとかYさん(飲み会メインらしいw)もいてなかなか豪華?な顔ぶれだった。

3連休前ということで乗客は本当に多い。2等船室はほぼ満杯。釣り客が多い。爆釣じゃ!!!と息巻いているおっさんが何人かいたw
ishikawa1.jpg

半券はちゃんともっておきましょう。
DSC_0076.jpg

泳げない私は浮き輪が必要。
DSC_0077.jpg

カップラーメンの自販機もある。
DSC_0078.jpg

ビールを飲んで歯を磨くと、すぐに眠たくなって横になる。
エンジン音と周りのざわめき、だれかのくしゃみにいびき。気になる人は気になるのだろうけど、私は4:30ぐらいまで爆睡していた。となりのリーフさん、私、うるさくなかった?笑

ジャージに着替えて朝御飯食べて、歯を磨いてとかいろいろ準備していたら5:30ぐらいに。徐々に夜が明けて厳原港へ着く。

RIMG4715.jpg

輪行状態から走れる状態にチェンジ。
briefingをターミナルの駐車場で行う。

ishikawa3.jpg
(I代表撮影)

6:00 スタート 厳原港ターミナル
んで、スタート。なんかちょっとルートが違う気がするけど、まあいいか笑
われわれが乗ってきたフェリーが左手に見える。
RIMG4716.jpg

さあ気合い入れて頑張りますか。

続きはまた。
スポンサーサイト

2018BRM616広島300 試走③

だいぶ日があいてしまいましたが、続き続き。

DSC_0038.jpg

とりあえずお約束の一枚。てくてく人道トンネルを押して歩く。あんまり人はいない。

エレベーターに乗って、九州に上陸する。

RIMG4710_20180729122112c77.jpg

いつもでて左に曲がってすぐに3号線や190号線と合流するんだけど、今回は右に曲がる。
へーこういう道もあるんだなーと思いながら住宅街をぬけていく。
門司をぬけて、下曽根方面へ。

なんだか左のアキレス腱が痛いけど、少し靴下をずらすと痛みは楽になった。
前回ブルべで痛めた、というか靴下のゴムでしめつけすぎた、アキレス腱が悲鳴をあげていたのかな?

DSC_0047.jpg

完走後の脚の写真だけど、やっぱりアキレス腱腫れてる…この後治るのに3週間を要した泣

靴下をずらしたりとかいろいろしながら、真っ暗になってきたのでライトを点灯して10号線を大分方面へ向かう。
苅田町あたりの10号線は大型トラックが良く通るからか、かなり荒れていてガタガタ。しょうがないか。上ハンもっていなしながらぼちぼちいく。そして信号信号また信号。これもしょうがないね。

なんだかんだで中津に着く。

PC4 セブンイレブン中津大新田店 21:53着 14h53m経過 260キロ地点


DSC_0040.jpg

御飯屋さんを探していたけどちょうど良いのがなくて、ここでナポリタンをがっつり食べる。
急いで出発しても結局フェリーはないしなあーとかだらだら考えつつ豊後高田市に着く。
豊後高田市は昭和の街らしいが、23時すぎだともうただの街笑 どこも開いていない。開いているのはコンビニだけ。しょうがないか。

フェリーを待つまで暇なので、食糧をコンビニで買ってから再出発する。けっこうアップダウンが竹田津まであったような…

ゴール 竹田津港 305.9㎞地点 0:23着 17h23m経過 

RIMG4711.jpg

ゴール前はやっぱりエンドルフィンがいっぱい脳内にでてうれしい。
無事にゴールできてみなさんに感謝。そして自転車くんにも感謝。

竹田津港にはちゃんと自転車ラックもある。すごい。
そして待合室は開いていたので、そこのベンチに横になるとすぐに朝…
いつのまにかライダーが一人。あとトラックが一台に乗用車が一台。赤字になるよねえ。

DSC_0043.jpg

ぜいたくにゆわえつけられました。ありがとうございます。
2時間フェリーに揺られたはずだけど、寝てて全然覚えていない。
起きたら徳山でしたw

おなかがすいていたので
DSC_0046.jpg
朝から鳥すき丼を食べて、おうちに帰りました。
ワンウェイブルべ、今度は400kに距離伸ばしてみますかw

無題


2018BRM616広島300 試走②

PC2でだらだらしていると、だんだん曇り空になってくる。まあ暑くなくていいかな?
そしてだんだん風が強くなって向かい風…
しょうがないので下ハンもって我慢しながら黄波戸温泉方向へ。

そうこうしているとF副代表が白いSUVでさっそうと登場。
ちょっとおしゃべりして今回の山場、千畳敷へ。

RIMG4702.jpg

いやーすごい斜度w

ひーひー言いながらのぼります。
34849105_1666665030118406_4359019852682231808_n.jpg

F副代表が写真撮ってくれる。
34777607_1666664876785088_4995989517295943680_n.jpg

無理してピースサイン。
kakou.jpg

風車がお出迎え。
RIMG4703.jpg

300mぐらい標高を稼いで、千畳敷の頂上へ。
34844059_1666665113451731_774387504026484736_n.jpg

けっこうハードな激坂でした。。。
kakou2.jpg

ちなみにこの千畳敷の岩で本番ではフォトチェック。
ぐわっと下ってこんどは俵山温泉を目指す。

南へ向かう。
となると追い風!
峠をひとつ越えたら下り基調でぶんぶん飛ばす。追い風もあって楽しい区間だったっけ。

そして子宝に恵まれるという麻羅観音の横を通り過ぎる。

RIMG4704.jpg

妙な敗北感。
RIMG4705.jpg

ばりばり下って、豊田湖へ。豊田湖の西側を通る。
RIMG4706.jpg

15:00ぐらいだったけど、お腹が減ったのでオンルート上の”リーフ”というレストランへ向かう。
いやまあいつも気になっていたレストランなんだけど、行ったことなかった。
チーズハンバーグをF代表とパクリ。

DSC_0034.jpg

美味しい!今度は家族で行こうと心に誓ったw

菊川を通って内日へ。
「こんちは!」
と言われてちょっとびくっとなる。
ロードバイクにのった男の子二人に抜かされる。
お父さんとおぼしき中年男性が原付で追いかけている。お父さんもこんちはーと声をかけてくれる。
ツールドフランスに出るぐらいの選手になってね!と願をかけながら追いつかないようにケイデンスをゆるめたりw

そして下関へ。だんだん多くなる交通量。

PC3 セブンイレブン下関田倉店 187kmチタン 17:30着(10h30m経過)

DSC_0035.jpg

ぼちぼち補給。
kakou3.jpg

本州とはもう少しでお別れ。
下関市長府を通って人道トンネルに向かう。

忌宮(いみのみや)神社。
RIMG4708.jpg

Wikiでしらべたら超由緒ある神社なんだねえ。

人道トンネルの前に、義経と記念撮影w
kakou4.jpg

んでもって、F副代表とはこれでお別れ。ついてきてくれてありがとう。
DSC_0036.jpg

34827868_1667068360078073_2220980305190191104_n.jpg

DSC_0037.jpg

20円払って、エレベーターで降りる。

続きはまた今度w

2018BRM616広島300試走 ①

6/9に6/16の300kの試走に行ってきた。まあもう300kすんだからアップしていいかなーと思い、一応レポート書く。

6/9の早朝に目覚めて、車で徳山駅へ。フェリーターミナルのすぐ近くの徳機駐車場に車をとめる。帰ってくるのは明日の朝の予定。

フェリーターミナル、だれもおらん。
DSC_0027.jpg

6/9 7:00。一応スタート。SNSをあまりブルべ中使わないんだけど、証拠がわりに使うことにする。
DSC_0029.jpg

回天号。意外と大きい。こんなものに乗っていたのか。合掌。

旧新南陽市を行く。今は周南市。車はまあまあ走っている。土曜日だけど働いている人はたくさんいるんだなあと思いながらぼちぼち走る。
RIMG4688.jpg
永源山公園の風車はうまく撮れなかった…残念。

ここから峠で、ぼちぼち登っていく。そうそう、今回1-wayブルべで、しかも早く着いてもフェリーで竹田津から徳山にもどれないのだ…ということでぼちぼち行こうと当初からあまりやる気はでないw 
あじさいがきれい。
RIMG4689.jpg

そして田植えされたばかりの稲。
RIMG4691.jpg

いやまあ9%もあるの?
RIMG4693.jpg

津浦ケ峠をこえて、すぐに左折してみんな大好き農道へ。
結構激しいアップダウン、倒木もあったりして慎重に進んでいく。体はまあまあ軽い。
そのうちにクイズポイントへ。
DSC_0030.jpg

クイズポイントなんだったっけ? なんかゴミ箱にかいてある番号だったけな?
すぐにリスタートする。けっこう登っていく。それに伴って温度も上がっていく。天気いいねえ。
RIMG4694.jpg

下りは道を知らないのでセーブしながら行くけど、けっこうトリッキーで危ない。車とは3台ぐらいしかすれ違わなかったw
RIMG4695.jpg

10%やー体が重たい私にとってはかなりつらいw
よじのぼるように登ったり、落ちるように下ったりしながら徳地へ。そして荷卸峠。
ぐわっと下ってたら片側交互通行中だった。メモメモ。メモしながら一応すすんでいたのです。

山口大学の裏を通って二本松峠のふもとの7-11がPCだった。

PC1 セブンイレブン山口小郡上郷店 61.1キロ地点 10:07着(3h7m経過)
DSC_0031.jpg

60kを3時間だからけっこういいペース。でも早く走っても別に早く帰れるわけじゃないからなあーと思いつつ補給する。
SNSで一応レシートもupする。
二本松峠はそこまで高くない峠なのでぼちぼち登って美祢市へ。
秋吉台の隣を抜けて、弁天池にちょっと寄り道。
DSC_0032.jpg

弁天池は碧い。エメラルドグリーンというかどっから湧いてくるんでしょうね、こんな綺麗な水。
そして観光客が異常に多かったのでそそくさと退散。

大峠を抜けて長門へ。トンネルはこちらから行くと下りなので、気が楽。逆はなんか車に追われているのにスピードがでないからなんかいやなんだよね。
RIMG4701.jpg

長門市街から左折して、PC2へ。

PC2セブンイレブン東深川下郷店 106.6k地点 12:28着(5h28m経過)
DSC_0033.jpg

コース設計者のF副代表があとから車で追います、ということだったんだけど、そろそろ追いつくかな?
と思いつつリスタートする。

続く。








2018BRM519Nagoya600 丘と海④

弁天島駅を右折して、国道1号線へ。
国道1号線にはちゃんと自転車レーンがある、いいねえ。

RIMG4669.jpg

でもまああんまりながくは続かないけどね。

渥美半島。確かここ水曜どうでしょうでも走っていたような気がする。
えんえんとアップダウンが続く一本道だ。迷わないけど飽きる…たまには曲がりたい…

なんか匂いが…と思ったら牛さんたちがいっぱい。
RIMG4670_20180622201538cca.jpg

ややくもり空の中ぼちぼち行く。
右手には太平洋。

RIMG4672.jpg

なんとか伊良湖岬の近くまできたなーと思っていたら激坂…
RIMG4673.jpg

コンクリートで六角形の滑り止めってあかんやつやん!あかんやつやん!と心の中の宮川大輔がツッコミを入れるのを聞きつつなんとかよじ登るようにピークへ。

RIMG4678.jpg
RIMG4675.jpg
RIMG4676.jpg

いい眺めやん!(しつこいw)

ぐわっと下って道の駅伊良湖クリスタルボルトへ。その前に寄り道しよう。

時間があったらよってみようと思っていた伊良湖岬灯台へ。
RIMG4681.jpg

伊良湖岬灯台は珍しい灯台で、海に面していて標高0m。だいたい灯台って岬の山の上にあるもんやけど、ちょっと変わっているね。

RIMG4682.jpg

天気悪いのがちょっとあれだけど、満足満足。
そこらへんにいたおねーちゃんに写真をとってもらう。

kakouzumi.jpg

なんやこのおっさん、と思われたのであろう。でもうれしい。
さあじゃあチェックポイントの道の駅伊良湖クリスタルボルトへ向かいましょ。

RIMG4685.jpg

この時計のメーカーがクイズになっておりました。一応写真をとって道の駅を物色するけど、ラーメンが1000円ぐらいって高い!しょうがないかー菓子パンをひとつ食べてリスタート。あと83kしかない!もう少しだがんばれ。

徐々に太陽があがってきて、昼前になるとだいぶ暑くなってくる。長そでインナーを人気のない道路で脱いで、半袖ジャージオンリーになると涼しい!これでいきましょう。

渥美半島の北側は、南側と比べてそこそこお店があって、だいぶ平坦基調。眠気もなくすすむ。
三河港大橋の歩道を渡る。
RIMG4686.jpg

豊橋市はけっこう都会。このあたりでランドヌールを補足して、以降ずっとパックで進む。
べちゃべちゃとしゃべるとだいぶ気分転換になって、楽になるような気がする。

旧東海道 藤川の松並木を通る。なかなかすごい。
RIMG4687.jpg

終電には間に合いそうなので、ぼちぼちとパックになった方(キューシートオンリーで走る方だった)を待ったり待たれたりしながら進んでいく。だんだん車も多くなっていく。交通事故だけには遭いたくないよね。

矢作川をさかのぼって、とうとうゴール地点の柳川瀬公園へ。

ゴール 柳川瀬公園 603キロ地点 15:04着 (34h4m経過)

いやー疲れた疲れた。待ってくれていたスタッフのみなさんと少しお話しして、預けていた着替えの入ったバッグを受け取る。
スタッフのみなさんありがとね!
三河安城駅まで10キロあるけど、お腹がすいたままふらふらと向かってトイレで着替えて一応汗をデオドラントシートたくさんつかって拭いて、輪行準備して。。。とかしていたらけっこう時間がかかる。なんとかおうちについたのは21時ごろでした。

stravaの計算では
距離 612.04km
走行時間 27:38:11
経過タイム 34:21:35
獲得標高 6,570m
平均パワー 121W
平均スピード 22.1km/時
心拍数 99bpm 169bpm
消費カロリー 13,403kcal

rc名古屋のスタッフのみなさん、ありがとうございました。また遊びに行っちゃいますよ。
今度はゆっくり観光ライドしたいなあ。





プロフィール

Ryuta19

Author:Ryuta19
ブルベぼちぼち走ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR