FC2ブログ

2019PBP後日談。

ゴール後、食事をいただいてビールを1杯だけ飲んだ。完走したFさん、福岡のBさん、千葉だけど福岡なNさんとともに。
いやーやっちゃったなあ。完走しちまった。顔は上がらないけど。
疲れ切っていて写真がない!残念。

Fさんとともにホテルに帰る。とりあえず自転車を置いて、シャワーを浴びる。ドロップバッグが返ってくるよーとFさんから連絡をもらったので、イビスホテルまで取りに行く。ドロップバッグはもう自分のバッグになっちゃうんだね。これも記念だからとっておこう。

懇親会まで少し時間があったので、自転車をばらして輪行箱に詰める。
その時にTさんとまた出会う。どうもDNFしたらしく、今日は観光に行ってきたそうな。私より一回り以上若いから、これからいくらでも疾走できますがな。だいじょうぶ。なんてことを話してた。
うーん、だいぶ輪行箱ボロボロですなあ。もっとボロボロになっちゃうんだろうな。しかたない。2回目となるとだいぶ要領良くなって、ステム外してディレイラー外してペダル外して、みたいな。少し余った補給食はぼちぼち食べてしまおう。

つめ終わるころには懇親会がスタートするってことでイビスホテルにまた行く。一杯目はビール飲んで、二杯目はワインを飲んだような。あまり記憶がない。酔っぱらって福岡のBさんのカップ麺を食ったような。いつの間にかベストウエスタンホテルにもどって自分のベッドで寝てた…おそろしや帰巣本能。

AM6:00ごろには起きちゃったので、パリ観光に行っちゃう。12時にチェックアウトなので、それまでにはかえってこよう。13時に関東のMさんがタクシーで迎えにくるので、それには間に合うようにする。

サンカンタン駅からモンパルナス駅までRERに乗る。40分ぐらい。
そこから地下鉄。治安が悪いので警戒しつつw

DSC_0162.jpg

そしてなんとなくコンコルド広場。ツールドフランス最終ステージでもおなじみ。
DSC_0165.jpg

奥の方にエッフェル塔。
DSC_0164.jpg

結構寒い。ウィンドブレーカーを着ていて正解。ルーブル美術館か凱旋門か迷ってルーブル美術館方向へ。
観覧車に乗りたかったけど、朝早すぎて開いておらず。
DSC_0171.jpg

ジャンヌダルク。目力すごい。
DSC_0175.jpg

ジャンヌダルク像の前の鎖は、なぜか南京錠がたくさんあったり。
DSC_0176.jpg

ルーブル美術館。8:30ぐらいだったので、まだ開いていない。入っても20ユーロぐらい取られるし、ゆっくり見る時間もないし、外観だけ撮影する。しょうがないね。また今度きましょう。
DSC_0181.jpg

オペラ座。
DSC_0189.jpg

歩き疲れたというよりも腹が減っちゃって、こじゃれたCafeに入って朝食をとる。適当にオムレツとか。うーん、普通w
DSC_0186.jpg

ちょっと地下鉄乗り継いで焼けたノートルダム寺院へ。逆光でわかりづらい。近くには寄れないようになってた。
DSC_0191.jpg

ここらでタイムアップ。帰りは面倒になっちゃってタクシーで帰る。50ユーロぐらい。ちょっと社長気分w
で、13時までMさんを待つ。また来るぞパリ。1200キロ走れるぐらい元気でいたいなあ。
DSC_0194.jpg

MさんにひろってもらってCDG空港へ。
手荷物と自転車を受け取ってもらって、少し時間があるので昼ご飯を食べる。
ハイネケン。ビールはあんまりフランス人興味ないんだろうね。ハイネケンかカールスバーグぐらいしかなかった。
DSC_0195.jpg

なんか鶏w
DSC_0196.jpg

11時間のフライトの後に羽田に着く。Mさんとお別れ。また走りましょう。
そして小腹がすいたので、日本食らしいものを探す。
DSC_0197.jpg

うーん、そばはガレットしかなかったもんねw
羽田から家まで3時間でついて、ただいま。
無事に帰ってこれて良かった。輪行箱は7割ぐらいボロボロになったけど、次回も使うぞw

またPBP走りたいなあ。

そうそう、両手の小指と薬指は1週間たった今でもけっこうしびれておりますw

おわり。








スポンサーサイト



PBP2019レポート ルデアック→ランブイエ ゴールまで 8/21-8/22

22:30頃ベッドで寝て、8/21 0:30には起きるつもりだった。Closed timeが1:23だったのでよゆーで間に合うはずだったが…

起きたら。
1:57。

めちゃめちゃあせって用意して飛び出す。その音でHさんも起きた?ようだった。すんませんHさん、なんもかんもおんぶにだっこで…そうだカードも返していない(多分Hさんが後からでたので返したと思われる)とか思いながらあせってルデアックのPCへ行く。スタンプもらってこのまま走ってもええの?とボランティアのおばちゃんズに聞くと、「かまわないから走れ、頑張れ、Good luckだ!」と言われ(多分)走り始める。ドロップバッグも返して、次のPCまでに間に合うためにはけっこう踏まなければ!と思い頑張る(当社比)。

ちなみにあせりすぎて間違えてドロップバッグに痛み止めを返してしまった。ありゃ、と思ったがもうもどれない。
次のタンテアニックまで86k、元気なら4h15m程度で着くはずだがすでに700キロ以上走行している体は言うことを聞いてくれない。心拍数が上がらずパワーもでない。休憩は自転車の上でするように下り時はできるだけ回さず、登りでは必要最小限のカロリーで回していく。タンテアニックまでが長いがしょうがない。その分寝てしまった。幸い眠気なく休みをとらずに行く。

PC9 タンテアニック TINTENIAC 869キロ地点 8/21 6:53着 60h16m経過
なんとか1時間近くリードタイムをもらえて一休みする。だいぶ腹が減っていた。
DSC_0159.jpg

軽量化も行う。便座がないのでプルプルしながら浮かせて軽量化。
DSC_0155.jpg

50分ぐらいいて、寒さが和らいでからスタート。寒いより暑い方がいいので。これでリードタイムはほぼゼロに。
まあOver timeしてもしょうがないか、休憩がてらいっぱい教会の写真をとる。ドラクエやね。

RIMG4961.jpg

RIMG4959.jpg

RIMG4964.jpg

RIMG4963.jpg

RIMG4962.jpg

PCの直前にフジェール城
なんでも欧州でもかなり大きい城らしい。イングランドに近いから攻められたり攻められたりwしたんだろうなあ。
RIMG4966.jpg

RIMG4967.jpg

PC10 フジェール FOUGERES 923キロ地点 10:40着 64h3m経過
リードタイムは1h30mぐらい。あせってもしょうがないので、ぼちぼち行く。できればリードタイムを増やして、モンターニュかドルーで寝たいところ。

お花畑。
RIMG4969.jpg

看板。誰かを応援している。道路にペイントされているときもあったっけ。
RIMG4970.jpg

長髪な牛さん。
RIMG4971.jpg

なんか綺麗なところ。都市名わかる人います?
RIMG4972.jpg
RIMG4973.jpg

給水塔。
RIMG4976.jpg

風力発電。
RIMG4978.jpg

ラウンドアバウトのおかれた案山子。というかオブジェか。
RIMG4977.jpg

PC11 ヴィエンヌ=ラ=ジュエル 1012キロ地点 16:00着 69h23m経過
ここはお祭り騒ぎで大変だったw 一番盛り上がっていたPC。 ゆっくり食事したかったんだけど英語しゃべれる地元の人から色々質問されつつ食べるはめというか、まあ楽しかったからいいけどw 1時間ぐらいいた。首の痛みがだんだんでてきたので、医務室で痛み止めもらおう、と思っていったらナースさんの中になんと日本人女性が!
日本語で対応していただきすごくありがたかった。名前は失念してしまいました、すんません!
旦那さんとのハーフの息子さんはめちゃめちゃ可愛かった!
ボルタレンはフランス語でも英語でもボルタレンでした。ボルタレンを飲んで再出発する。
RIMG4981.jpg

ここからはほぼシャーマーズネックとの闘いといっても過言ではない。
痛みはだいぶなくなったのだが、首に力が入らない。前を向けないし前を向いてもまぶたが下がってくる。
最初は少し休憩入れると10分程度は大丈夫だったのだが、だんだん前を向ける時間が短くなってきた。下りはフレームの上に直立するような前乗り(写真があればわかりやすいんだけど)で下る。登りはずっと下を向いて、時々左手を使って顎を上げる。次のPCのモンターニュで仮眠とってそれでよくならないかなあと思いつつ走る。

休憩がてら写真とる。
RIMG4984.jpg

ひまわり畑。
RIMG4985.jpg
RIMG4986.jpg

怒ってんの?牛さん。
RIMG4989.jpg

私設エイド。
RIMG4991.jpg

だんだん日がかげってきて、暗くなるかならないかの時にPCに到着。


PC12 モンターニュ=オ=ペルシュ  MORTAGNE-AU-PERCHE 1097キロ地点 8/21 21:41着 75h4m経過
ここで関西弁な人と一緒になり、食事後に0:30まで仮眠していこうとお話しする。どうも二人で計算するとそれで間に合うはず、とのことだったw もう1000キロを超えるとだいぶ判断力が鈍くなり、物を落としたりする。あ、ちなみに私これより前にどっかでレインパンツとレインシューズカバーとクリートカバーを落としました…フランスの皆さんすいませんが勝手に拾って勝手に処分もしくは使用していただければ幸いです。

10:30~0:30まで仮眠したのだが、ボランティアのおばちゃんが0:33に起こしてくれた。おばちゃんありがとう。
私は勝手に携帯のアラーム消していたよ…あぶな!

体育館みたいなところで、マットがしいてあるだけでこんなところで寝られるか!と思ったけど数秒で落ちた。すんません。


きしむ体を無理矢理動かし、関西弁の人を待っていたが来ず、しょうがないので先に行くことに。
まあそのうち来られるでしょ。でも頸の調子はいまいち。ドルーに着くころにはまたシャーマーズネック再発症となったのでした。

夜明け これでフランスの夜明けも最後。
RIMG4993.jpg

真ん中ぐらいにあった大きなエイド。どうも毎回だしているっぽい。スープを飲んで勇気百倍。
RIMG4994.jpg

顔が上がらないよパトラッシュ・・・

PC13 ドルー DREUX 1174キロ地点 8/22 5:30 82h53m経過
脚は大丈夫だが頸が全然だめ。たまたまみつけたFさんに協力してもらって替えチューブでヘルメットごと引っ張る作戦にでる。
8:00再出発。

10キロぐらいはなんとかなっていたがだんだん面倒になってきて、Fさんの後輪だけ見といた方が楽なことに気づいたw
ヘルメットがずれちゃうんだよねえ。顎を乗せられるものがほしい。日本に帰ったら設計して作ってやろう。ハンドルに着けるニットーのやつをどうにかして、細長い部分はシートポストにしこんで、顎のせる部分は折り畳みにして…とか考えていたら徐々にゴールが近づいてきた!うれしいが顔が上がらないw

最後は石畳でとどめを刺された感じ。でもゴールはゴール!
最後引っ張ってくれたFさん、寝床を用意していただいたHさん、わがままをかなえてくれた家族、仕事場の皆さん、ヴィエンヌラジュエルの日本人ナースさん、そしてボランティアのフランスの皆さん、路上から応援してくれた人、私設エイドの人、みんなありがとう!

ゴール ランブイエ 1219キロ地点 8/22 10:30着 87h53m経過 

完走して、Fさんと握手して自転車を降りたと思ったら、スーパーマリオみたいなおっさんが近づいてきた。
「チェンジ!ユアジャージ!」
判断力の鈍っている私は「OKOK」と言ってしまった。福岡ジャージはエスパニョーラジャージにチェンジしましたw

RIMG4995.jpg

4年後はこのおっさんに再会して、ちゃんと福岡ジャージ大切にしているか聞くのが今の目標だったり。

ゴール受付して、メダルをいただく。
RIMG5000.jpg

ならんだスタンプたち。
RIMG4998.jpg

RIMG4997.jpg

また4年後も行きたいなあ。

後日談は次回。















PBP2019レポート ルデアック→ブレスト→ルデアック 8/19-8/20ルデアックのホテルまで

さあ勢いのまま書いていこうw

ルデアックをでるとむっちゃさむい。
基本昼は半袖ジャージ+アームカバーで調整ぐらいでいいのだけど、夜は10度切っていたらしく、モンベルジオライン中厚手+レインウェアでよいぐらいだった。ブレストに近づけば近づくほど気温は下がったので、逆に復路の夜はレインウェアいらないときもあったっけ。なんか今年は思ったより気温が下がったらしい。

頑張って走るしかない。Hさんと二人真っ暗な中再スタート。でも参加者が途切れることはないのでぼちぼち進む。

PC5 カレ=プルゲール CARHAIX-PLOUGUER 521キロ地点 8/20 4:59着 34h22m経過 
この時点でリードタイムは1h15m、Hさんは15m。まだまだ挽回可能。だって半分きてないし!まじかー
16分休憩していよいよブレストへ。ブレストの峠を越えたら休憩ポイントの都市があるよ、とのことで楽しみにする。

なんか超キレイな湖。でも霧がかって寒かったっけ。多分ユエルゴアってとこだと思う。
RIMG4922.jpg

RIMG4920.jpg

唯一の350mぐらいの峠を登るけど、日本みたいなクネクネ道の峠ではないので、登った感じはないw
しかもガスっている。。。いつもやなー
RIMG4923.jpg

RIMG4925.jpg


ここから下るときに事件は起きた。左臀部痛をかかえるHさんの前をひいていたけど、自分のペースが良いみたいで私の前で走っていた。と、Hさんがゆるい下りでちょっと右へ行った、とおもったら路肩に落ちた。フランスの田舎道の路肩は芝生というか雑草というか、自然にまかせているのか、路肩が1mぐらいある。路肩に落ちたので、あ、このまま路肩の草にタイヤとられて止まるのかな?とおもって路上の私は軽くブレーキをかけていた。
と思ったらなぜか後輪が跳ね上がり、バイクとHさんが乗ったまま路上へ帰ってきた。あっと思った瞬間、そのままHさんとバイクは横向きのまま停止、私も衝突寸前でフルブレーキで停止した。あっというまの出来事。下手したら二人とも落車し、走行不能(バイク的にも、身体的にも)になったかもしれない。これがPBPの中で最も危険なシーンだった。

Hさんは私よりベテランで、緻密な計画を立て、かつ実行できる脚と能力がある尊敬するランドヌールだ。たまたま今回はPBP直前にいろいろあって調子が悪そうであった。別の人なら態勢を整えられず落車した可能性が高いと思っている。私も落車に巻き込まれた可能性が高い。よかった。これで完全に目が覚めた。二人とも眠気が強かったのだ。

二人で幸運を喜びながらシジュンという都市のパン屋でパンを食べつつ休憩。
RIMG4926.jpg

RIMG4927.jpg

RIMG4928.jpg

ブレストまで30kぐらい。もくもくとペダルを回す。

途中、ブレストについた人がいつも撮る橋が目の前にあらわれた。
RIMG4929.jpg

プルガステル橋というそうな。みんなここで記念撮影している。半分きちゃった。
ブレストは軍港の町らしい。けっこう信号とか坂道とかあったような。

PC6 ブレスト 610キロ地点 8/20 10:40着 40h3m経過
リードタイムは2hに増えた。だが今日寝る時間を捻出しないといけない。

RIMG4931.jpg

RIMG4933.jpg

RIMG4932.jpg

ブレストの町を抜けて、また峠を登って下って
RIMG4934.jpg


シジュンの街で買い出しする。ここでもスニッカーズとか買ったようなw
RIMG4938.jpg

そしてもろこし畑。
RIMG4939.jpg

Hさんの後ろ姿。
RIMG4940.jpg

私設エイドの数々。
RIMG4945.jpg

フランスは農業国だなあ。ほんとに丘陵地帯。高い山がなくて畑と森と牧草地ばかり。
RIMG4942.jpg

RIMG4947.jpg

都市の入り口には必ずこんな風に看板があった。
RIMG4950.jpg

PC7 カレ=プルゲール CARHAIX-PLOUGUER 693キロ地点 8/20 15:59着 45h23m経過 
ここで40分休憩。リードタイムは2h30m。
DSC_0161.jpg

食べては走り、走っては食べる。他には何にも考えない。なんと幸せなw
そうそう、日差しの強さは日本よりすごい。日焼け止め必須。できればUVカットのリップクリームも。日焼け止めはドロップバッグに入れてしまっていたから1日目と2日目はつけていなかったからか、鼻が赤くなってしまった。

休憩を入れつつルデアックに向かう。途中Hさんと話し合い、私が先行して先にシャワーを浴びておく作戦にでる。
頑張って踏んで走る。この時が一番頑張ったかもしれない。ホテルに到着したのは21:50頃。シャワーを浴びて出てくるとHさんも到着した。作戦大成功。ここまではよかった。8/20、三日目が終わった。


次回は4日目、8/21の出来事です。

PBP2019レポート 8/18 18:30スタートから8/19ルデアックホテル到着まで。

8/18日曜日はダルダルしながら起きて、残ったパンとかお菓子とか食べながら過ごす。
15:00ごろTさんとともに出発することにしているので、寝たり起きたり、できるだけカロリーを使わないようにする。
ラッキーなことに晴れた!ということでテンションあがる。

ベストウエスタンホテルを出発。
DSC_0149.jpg

また駅までいって列車に乗ってランブイエへ。たまたまN組スタート(19:30スタート)のAJ福岡F代表と出会う。
F代表と車窓w
kakou_2019082515054910f.jpg

ランブイエへ着くころにはお仲間がたくさん。
RIMG4883.jpg

駅前。五体満足で帰ってこれるのでしょーか
kakou2_20190825150552620.jpg

ということでスタート会場へ。みんなの進む方向へそのまま進む。
ランブイエ城
RIMG4886.jpg

RIMG4891.jpg

RIMG4889.jpg

今年のツールドフランス最終ステージはこの辺からスタートだったような。
途中でいろんな人と遭遇するw
ベロモービルとか
RIMG4892.jpg

RIMG4894.jpg

リカンベントとか
RIMG4893.jpg

日本の面々
RIMG4895.jpg

RIMG4896.jpg

車検を受けた場所でF代表、Tさん、私で食事する。
DSC_0150.jpg


まあまあ美味しい。パクパク食べて、軽量化して、F代表とTさんと別れてK組の列にならぶ。たまたま同じ組になったAJ長崎組とも出会うけど、ここでしか出会わなかった。1200キロならどっかで会ってもいいのにねー

ということで流れに乗って受付して、スタート。おおすげえ、とうとうスタートしてしまったなあ。

というかスタート地点に立った時点で半分くらい満足していたのは事実だ。ここまでの準備も楽しかったし、車検とか、その他もろもろでだいぶ満足というか幸福感でいっぱいで、まあ走るのは頑張って走るけど、とにかく事故無く楽しもう、というのが目標だった。

海外の方々はトレイン作ってダーッと走る人もいれば、全然一人で走るひともいれば、色々だなあと思いつつ走る。トレインに乗れば楽なのはわかるけど、数十人で時速40キロぐらいで下る勇気はあんまりでない。よっていつものブルべのごとく単独行でぼちぼち走ることになった。
すぐに郊外にでてのんびりした田舎町を、各国のランドヌール、ランドヌーズが駆けていく。
RIMG4898.jpg

気分は上々、でも20キロ過ぎ、走ってまだ1時間もたたないうちにやっちまったよお母さん。
RIMG4899.jpg

パンク。こういう時は落ち着くのだ。落ち着いてタイヤの裏側を触って、異物を確かめる。目で見るよりも触覚で探した方が私は良い。3週ぐらい探したけど全然異物がない。むう。このためにNEWタイヤに変えたんだけどなあ。とか思いながら替えチューブに空気を入れて再スタートする。Garminさんの記録によれば14分止まっていたらしい。この間、私の横をAre you OK? とか声をかけてもらってうれしい反面、がんがん抜かされるので焦る気持ちもある。

んで走り始めて20分後に再度パンク。これはおかしい。おかしいよ!
タイヤにはやはり傷がない。ということは。。。リムテープか!
急遽もっていたビニールテープを貼る。これでだめなら替えチューブないからチューブをパッチするしかない。また時間かかるわそんなん…えー16分止まってました。泣

ラッキーだったことは日没が21:30頃と遅く、暗くならないうちにパンクしたこと。あとこの時間帯は寒くなかったこと。
でも替えチューブはルデアックのドロップバッグの中に入っている。。。400キロ以上先かーと思うと憂鬱になる。でも頑張って走ろう。明日の夜はお布団じゃないベッドに入るのだ。そのためには1時間早くでたHさんと合流せねば。この区間は休みを入れなければ25k/hで走っているらしい。けっこうがんばっていたみたいだw

日がかげってきて中国人女性がはりついてきたので、先にいくように促すがなかなか離れようとしない。英語も通じないので困った。チャンヨンさんだったかな?そのうちいなくなっちゃった。

風力発電。そうそう、向かい風だったw
RIMG4900.jpg

だんだん暗くなって22:00ごろには完全に日没、真っ暗。肌寒くなる。
RIMG4902.jpg

Mortagne-au-Perche モルターニュ・オ・ペルシュ(118k地点)はサービスオンリーのPCなので、水だけ汲んでそうそうに立ち去る。停止時間3分。アメリカ人も水汲み場を探していて、ついでに汲んであげる。あのアメリカ人は完走できたんだろうか???

手持ちの補給食はけっこう持っていて、ぼちぼち食べながら減らす。スニッカーズはカロリー高いけど歯にくっつくからいまいち。でもフランスではどろどろに溶けることがなかったからまあよしとしよう。
とりあえず眠くないのでそのまま進む。できればPC1のVILLAINES-LA-JUHEL ヴィレンヌ=ラ=ジュエルまで走りたいところだ。

夜中の田舎道は日本のように街灯は全然ない。町、道が非常にはっきりしている。そしてゆるやかなアップダウン。信号はうわさに聞いていた通り全然ないので、下りでできるだけ勢いをつけて、上りはその慣性をつかって登ることを繰り返す。はやい海外の人はがんがんダンシングして駆けあがっていく。いやー体は大きいのに速い!やっぱ筋力だな筋力。

なんてことをえんえんと続く赤い光(リアライトのことね)を見つつとりあえず進む。真っ暗なので見るべきところもないし、日本のように鬱蒼とした峠道もないから安心しつつ行く。

PC1 ヴィレンヌ=ラ=ジュエルVILLAINES-LA-JUHEL 228k地点 8/19 4:51着(10h15m経過)
ここでもあんまり食べなかったような。適当に手持ちの補給食を食べる。寒い。レインウェアを着る。
あったかい部屋にはランドヌール、ランドヌーズがごろごろ。おやあれはw
DSC_0151.jpg

結局このPCには25分ぐらいいたようだ。再出発すると、だんだん夜が明けてきた。

たくさんいたモーモーさんたち。
RIMG4903.jpg

リカンベントは目立つね。
RIMG4905.jpg

そうそう、このへんで確かHさんとAJ福岡所属ながら関東在住のNさんと出会ったような。
Hさんと並走する。眠いらしい。普通だったら追いつかないのに、やはり直前の落車が後をひいているのでしょう。。。

休憩。
RIMG4906.jpg

もろこし畑。
RIMG4907.jpg

PC2 フジェール FOUGERES 306キロ地点 8/19 9:15着 14h38m経過
ここで大休憩。疲れた疲れた。

ゴロゴロ寝ている人たち。このころには気温は20度近くに上がってきた。
RIMG4910.jpg

バイク置き場。
RIMG4911.jpg

RIMG4913.jpg

サンドイッチを販売する地元の人たち。ボランティアの人がいてPBPは成り立っている。ありがとう。
RIMG4912.jpg

いつもコーラ飲んでたような。
DSC_0152.jpg

Hさんとともに再出発。ここでは45分止まっていたみたい。
Hさん眠気取れず、時々休憩しつつルデアックを目指す。
RIMG4916.jpg

途中での私設エイド。かわいい女の子が水をついでくれるからちゃんと寄りますw 怖そうなお父さんつきw
kakou3_20190825172510c1d.jpg

私設エイドだけでなく、道端で応援してくれる人が多いこと!
日本ではほとんどない。たまーに農業やってるおっちゃんががんばれー!とかはあるけど。
みんな日当たりの良いところに出てきて、拍手したり「allez!」と声をかけてくれたり。これがあるなしでだいぶ力が湧いてくるかどうか違ってくるんだよなあ。ありがたいねえ。

また私設エイド。今度は兄弟。
RIMG4918.jpg

しおれたひまわり畑。もうちょっと早ければねえ。
RIMG4917.jpg

PC3 タンテアニック TINTENIAC 360キロ地点 8/19 12:34着 17h57m経過
ここでは35分程度休憩。うーん写真撮り忘れ。
明るいうちにルデアックに着くためにお早目にスタート。Nさんはどうも後方にいるらしい。

Quédillac(サービスのみのところ)でも少し休憩していよいよルデアックへ。

PC4 ルデアック LOUDEAC 445k地点 18:20着 23h44m経過
ドロップバッグの必要なもの(替えチューブとかw)をもって一路ホテルへ。ホテルはCouett' Hotêl Loudéac というところ。マックが近くにあったのでそこで夕食を買う。いろいろやっていたら19:00ごろになったのかな?23:00まで仮眠して再スタート。だったと思う。
もう二人寝れたのでもうちょっと募集すればよかったかなーなんてHさんが言ってたようなw

8/19はここまで。8/20は次回!























PBP2019レポート 出発(8/16)から前日(8/17)まで。

いろいろ準備はしていたものの、結局最後までバタバタして準備をする。
たまたま倉敷のHさんからルデアック(Loudéac)→wikiで往路・復路ともにホテルとったから一緒に泊まって折半しよう?という魅力的なお誘いを受けたので、喜んでホテルに泊まらせてもらうことにした。Hさんには大変お世話になったので、ここでもお礼を言っておこう。ありがとうございました。

んで8/16金曜日。だいたいの人は8/14か8/15にパリに向かっていて(台風が二つもきて色々大変だったようだ)、Twitter上では台風の回避の情報がいろいろ回ってきていた。私はギリギリまで仕事せねばならない。仕方ない。羽田から22:50発のエールフランスに乗る。

エールフランスはJAL系でもANA系でもないので、できれば避けたかったのだが、金曜夜から日本を出発して、フランス時間土曜の朝~午前中に着くのはこれしかなかった。。。残念。そして自転車載せるのに100ドルが別途かかる。結局22万円ぐらいしたかな?頑張ってその分働こう笑

木曜日(8/15)に、手作りした輪行箱に自転車を分解してつめる。意外と間があいているので衣服などその他を詰める。つめすぎて23㎏以上になってしまったので、すこしドロップバッグ側につめかえたりとか。
ちなみに輪行箱は先人のブログ(https://www.hernia131.com/entry/2017/10/22/170720)を参考にした。ありがとうございます。でも輪行箱はだいぶボロボロになってしまったので、今後どうしようかなーと思っている。

8/16金曜、急な案件(急いでいるときに限ってこんなことが起こる)をさばいて、まずは羽田にむかう。行きは全部自転車+ドロップバッグを預けられるけど、帰りは多分羽田で全部ピックアップしないといけない。まあしょうがないね。ちなみにエールフランスは23kg以内*2なら追加料金いらないとのことだった。

羽田で国際線に乗り換え。時間がなくてJALの地上係員に先導される。申し訳ない。でも最後の日本食を楽しむ時間もなく、バタバタでギリギリ間に合ってシートベルト締めたらすぐに出発する。むう。カレー食いたかったw

14時間のフライトだが映画を見たような見なかったような、半分寝ている状態でシャルルドゴール空港に着く。空のレストランと何かを見たはずだけど思い出せない。ipadに色々読みたい本をダウンロードしてきたのにそれも読めないぐらい眠い。
空港に到着して、imigrationを通過する。空港の荷物置き場には自転車を待っている日本人4人が。たまたまタクシーを2台オーダーしていたので2人2人にわかれてホテルへ。

同宿のベストウエスタンホテルに泊まる予定だったTさんとお話ししつつ午前4時のパリを抜けていく。ほとんど真っ暗でよくわからない。ホテルに着いたはいいがフロントがしまっていてどこにベルがあるかわからない。運転手の日本人に助けられて何とかフロントの黒人女性が来てくれて中へ。というか外寒い。半袖はダメ。たぶん15度以下のような気がした。

ロビーで朝の車検に間に合うようにTさんとともに自転車を組み立てる。輪行箱はボロボロだが自転車には特に異常がないようだ。よしよし。そのうちロビーじゃなくて会議室に荷物は置いておけ、と言われてそこで組み立てた。

DSC_0126.jpg

自転車に乗って最寄りのGare de Saint-Quentin-en-Yvelines駅へ。なんとか駅で切符買ってランブイエへ向かう。
列車はがらがら。
DSC_0129.jpg


少し雨が降っていて寒い。ランブイエ城のやや西が車検の場所なので、他の国々のランドヌールと一緒に向かう。だんだん雨がひどくなってきた泣
DSC_0130.jpg

DSC_0132.jpg

DSC_0133.jpg

大きいテント。たくさんの人。たまたま列車に乗り合わせた旧知のFさんとともに車検場を探す。Tさん、Fさんとともに列にならんでいると、フランスのおじさんからこっちにこいといわれる。ほいほいついていくといきなり車検するぞと言われる。K167と印刷された紙を見せて、リア・フロントのライトがつくかを確認する。K167のシールを貼られて、記念ボトルをもらって、次は自転車をおいて建物の中で手続きをする。

DSC_0134_201908251344200f2.jpg

DSC_0135.jpg

雨が強くなってきたのでそうそうに退散。
DSC_0136.jpg

自転車を一旦ホテルに預けにサンカンタンまで列車に乗る。ホテルに自転車を預けて歩いて2-3キロぐらいのところにモールがあるので、Fさん、Tさんとともに遅い昼飯を食べに行く。

コロナビール。そういや、ワインは機内でしか飲まなかったなあ。
DSC_0139.jpg

でっかいハンバーガー。
DSC_0140.jpg

雨が降りしきるので、6ユーロで折り畳み傘を買ってホテルに帰る。チェックインまで少し時間があるので、近くのヴェロドロームに行くとたまたまレースをやっていた。

DSC_0141.jpg

どうもフランス国内の選手権をやっていたらしい
velodrome-national.com/evenements/evenements-sportifs/94-championnat-de-france-de-piste.html?fbclid=IwAR0cl81UMMzvpWK4OND1UUCHiLrnzVef0QH7qT-Zn9heeUDy_GK1MaVFUcM

15:00にベストウエスタンホテル隣?のイビスホテルにドロップバッグを回収にくるので、いそいそと持っていく。
DSC_0146.jpg

DSC_0147.jpg


なんか腹が少し物足りないので、夕方にスーパーにでかけて髪留めゴム(輪ゴムを探したがなかった)と生ハムとチーズ、ポテトチップス、ハイネケンなんかを買う。自転車で行っても良かったけど、なんか盗まれたらいやなので歩いていった。夕方はこれを食べてダラダラ。寝る。明日はとうとう1200キロ走るんだ、頑張るぞ。
プロフィール

Ryuta19

Author:Ryuta19
ブルベぼちぼち走ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR