FC2ブログ

PBP2019レポート 8/18 18:30スタートから8/19ルデアックホテル到着まで。

8/18日曜日はダルダルしながら起きて、残ったパンとかお菓子とか食べながら過ごす。
15:00ごろTさんとともに出発することにしているので、寝たり起きたり、できるだけカロリーを使わないようにする。
ラッキーなことに晴れた!ということでテンションあがる。

ベストウエスタンホテルを出発。
DSC_0149.jpg

また駅までいって列車に乗ってランブイエへ。たまたまN組スタート(19:30スタート)のAJ福岡F代表と出会う。
F代表と車窓w
kakou_2019082515054910f.jpg

ランブイエへ着くころにはお仲間がたくさん。
RIMG4883.jpg

駅前。五体満足で帰ってこれるのでしょーか
kakou2_20190825150552620.jpg

ということでスタート会場へ。みんなの進む方向へそのまま進む。
ランブイエ城
RIMG4886.jpg

RIMG4891.jpg

RIMG4889.jpg

今年のツールドフランス最終ステージはこの辺からスタートだったような。
途中でいろんな人と遭遇するw
ベロモービルとか
RIMG4892.jpg

RIMG4894.jpg

リカンベントとか
RIMG4893.jpg

日本の面々
RIMG4895.jpg

RIMG4896.jpg

車検を受けた場所でF代表、Tさん、私で食事する。
DSC_0150.jpg


まあまあ美味しい。パクパク食べて、軽量化して、F代表とTさんと別れてK組の列にならぶ。たまたま同じ組になったAJ長崎組とも出会うけど、ここでしか出会わなかった。1200キロならどっかで会ってもいいのにねー

ということで流れに乗って受付して、スタート。おおすげえ、とうとうスタートしてしまったなあ。

というかスタート地点に立った時点で半分くらい満足していたのは事実だ。ここまでの準備も楽しかったし、車検とか、その他もろもろでだいぶ満足というか幸福感でいっぱいで、まあ走るのは頑張って走るけど、とにかく事故無く楽しもう、というのが目標だった。

海外の方々はトレイン作ってダーッと走る人もいれば、全然一人で走るひともいれば、色々だなあと思いつつ走る。トレインに乗れば楽なのはわかるけど、数十人で時速40キロぐらいで下る勇気はあんまりでない。よっていつものブルべのごとく単独行でぼちぼち走ることになった。
すぐに郊外にでてのんびりした田舎町を、各国のランドヌール、ランドヌーズが駆けていく。
RIMG4898.jpg

気分は上々、でも20キロ過ぎ、走ってまだ1時間もたたないうちにやっちまったよお母さん。
RIMG4899.jpg

パンク。こういう時は落ち着くのだ。落ち着いてタイヤの裏側を触って、異物を確かめる。目で見るよりも触覚で探した方が私は良い。3週ぐらい探したけど全然異物がない。むう。このためにNEWタイヤに変えたんだけどなあ。とか思いながら替えチューブに空気を入れて再スタートする。Garminさんの記録によれば14分止まっていたらしい。この間、私の横をAre you OK? とか声をかけてもらってうれしい反面、がんがん抜かされるので焦る気持ちもある。

んで走り始めて20分後に再度パンク。これはおかしい。おかしいよ!
タイヤにはやはり傷がない。ということは。。。リムテープか!
急遽もっていたビニールテープを貼る。これでだめなら替えチューブないからチューブをパッチするしかない。また時間かかるわそんなん…えー16分止まってました。泣

ラッキーだったことは日没が21:30頃と遅く、暗くならないうちにパンクしたこと。あとこの時間帯は寒くなかったこと。
でも替えチューブはルデアックのドロップバッグの中に入っている。。。400キロ以上先かーと思うと憂鬱になる。でも頑張って走ろう。明日の夜はお布団じゃないベッドに入るのだ。そのためには1時間早くでたHさんと合流せねば。この区間は休みを入れなければ25k/hで走っているらしい。けっこうがんばっていたみたいだw

日がかげってきて中国人女性がはりついてきたので、先にいくように促すがなかなか離れようとしない。英語も通じないので困った。チャンヨンさんだったかな?そのうちいなくなっちゃった。

風力発電。そうそう、向かい風だったw
RIMG4900.jpg

だんだん暗くなって22:00ごろには完全に日没、真っ暗。肌寒くなる。
RIMG4902.jpg

Mortagne-au-Perche モルターニュ・オ・ペルシュ(118k地点)はサービスオンリーのPCなので、水だけ汲んでそうそうに立ち去る。停止時間3分。アメリカ人も水汲み場を探していて、ついでに汲んであげる。あのアメリカ人は完走できたんだろうか???

手持ちの補給食はけっこう持っていて、ぼちぼち食べながら減らす。スニッカーズはカロリー高いけど歯にくっつくからいまいち。でもフランスではどろどろに溶けることがなかったからまあよしとしよう。
とりあえず眠くないのでそのまま進む。できればPC1のVILLAINES-LA-JUHEL ヴィレンヌ=ラ=ジュエルまで走りたいところだ。

夜中の田舎道は日本のように街灯は全然ない。町、道が非常にはっきりしている。そしてゆるやかなアップダウン。信号はうわさに聞いていた通り全然ないので、下りでできるだけ勢いをつけて、上りはその慣性をつかって登ることを繰り返す。はやい海外の人はがんがんダンシングして駆けあがっていく。いやー体は大きいのに速い!やっぱ筋力だな筋力。

なんてことをえんえんと続く赤い光(リアライトのことね)を見つつとりあえず進む。真っ暗なので見るべきところもないし、日本のように鬱蒼とした峠道もないから安心しつつ行く。

PC1 ヴィレンヌ=ラ=ジュエルVILLAINES-LA-JUHEL 228k地点 8/19 4:51着(10h15m経過)
ここでもあんまり食べなかったような。適当に手持ちの補給食を食べる。寒い。レインウェアを着る。
あったかい部屋にはランドヌール、ランドヌーズがごろごろ。おやあれはw
DSC_0151.jpg

結局このPCには25分ぐらいいたようだ。再出発すると、だんだん夜が明けてきた。

たくさんいたモーモーさんたち。
RIMG4903.jpg

リカンベントは目立つね。
RIMG4905.jpg

そうそう、このへんで確かHさんとAJ福岡所属ながら関東在住のNさんと出会ったような。
Hさんと並走する。眠いらしい。普通だったら追いつかないのに、やはり直前の落車が後をひいているのでしょう。。。

休憩。
RIMG4906.jpg

もろこし畑。
RIMG4907.jpg

PC2 フジェール FOUGERES 306キロ地点 8/19 9:15着 14h38m経過
ここで大休憩。疲れた疲れた。

ゴロゴロ寝ている人たち。このころには気温は20度近くに上がってきた。
RIMG4910.jpg

バイク置き場。
RIMG4911.jpg

RIMG4913.jpg

サンドイッチを販売する地元の人たち。ボランティアの人がいてPBPは成り立っている。ありがとう。
RIMG4912.jpg

いつもコーラ飲んでたような。
DSC_0152.jpg

Hさんとともに再出発。ここでは45分止まっていたみたい。
Hさん眠気取れず、時々休憩しつつルデアックを目指す。
RIMG4916.jpg

途中での私設エイド。かわいい女の子が水をついでくれるからちゃんと寄りますw 怖そうなお父さんつきw
kakou3_20190825172510c1d.jpg

私設エイドだけでなく、道端で応援してくれる人が多いこと!
日本ではほとんどない。たまーに農業やってるおっちゃんががんばれー!とかはあるけど。
みんな日当たりの良いところに出てきて、拍手したり「allez!」と声をかけてくれたり。これがあるなしでだいぶ力が湧いてくるかどうか違ってくるんだよなあ。ありがたいねえ。

また私設エイド。今度は兄弟。
RIMG4918.jpg

しおれたひまわり畑。もうちょっと早ければねえ。
RIMG4917.jpg

PC3 タンテアニック TINTENIAC 360キロ地点 8/19 12:34着 17h57m経過
ここでは35分程度休憩。うーん写真撮り忘れ。
明るいうちにルデアックに着くためにお早目にスタート。Nさんはどうも後方にいるらしい。

Quédillac(サービスのみのところ)でも少し休憩していよいよルデアックへ。

PC4 ルデアック LOUDEAC 445k地点 18:20着 23h44m経過
ドロップバッグの必要なもの(替えチューブとかw)をもって一路ホテルへ。ホテルはCouett' Hotêl Loudéac というところ。マックが近くにあったのでそこで夕食を買う。いろいろやっていたら19:00ごろになったのかな?23:00まで仮眠して再スタート。だったと思う。
もう二人寝れたのでもうちょっと募集すればよかったかなーなんてHさんが言ってたようなw

8/19はここまで。8/20は次回!























スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ryuta19

Author:Ryuta19
ブルベぼちぼち走ってます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR